「良い」の「〇〇み」は「良さみ」だけじゃない !?「良きみ」って知ってる !? 「良きみ」の意味と経緯は2016年の流行語から!

ヤバみ・ツラみ・エモみ・尊み…等々、「〇〇み」という言葉が続々と生まれているのをご存知ですか?

実は、昨年2017年11月30日株式会社AMFにより発表された「JC・JK流行語大賞2017」第1位にランクインしたのが、この「〇〇み」という言葉なのです。(参考;【いくつ知ってる?】『JCJK流行語大賞2017』が発表される!「熱盛」「ンゴ」などネットの影響も

なので、40代以上になると「何のことやら…」と分からなくなるかもしれませんが、これが流行なのです!(笑)

(「尊み」という言葉に関しては、別記事でまとめました)

 

クイズ!「良い」の「〇〇み」は何でしょうか?

さて、「〇〇み」がザックリと分かったところで、ここで問題です!(`・ω・´) デデン !

Q. 「良い」の「〇〇み」はどうなるでしょうか?

正解は「良さみ」でしたー!

「良い」に名詞化する接尾辞「〜さ」を加えた「良さ」になりますが、

それに更に「〜み」を付け加え「良さみ」と言うんです!

基本的には形容詞の「〜い」を「〜み」に変えるので、「ヤバい」は「ヤバみ」となるのですが、「良さみ」は例外です!

「なにその不規則変化!」って感じですよね(笑)

 

「良い」の「〇〇み」の答えは1つじゃない!

ですが、「良い」の「〇〇み」は「良さみ」の他にもう1つ答えがあるのです!

それは…「良きみ」です!

「良い」の「〇〇み」は、「良さみ」「良きみ」があるのです!

では、「良きみ」とは何なのでしょうか?

 

「良きみ」とは何なのでしょうか?言葉の形成された経緯の考察

実は、2016年11月30日フジテレビの「ココ調」というコーナーで「女子高生流行語大賞2016」が発表されました。

その栄えある第2位に輝いた流行語に「良き」という言葉がランクインしました。

意味は「良いね」と同じように使われます。2つ重ねてテンポ良く「良き良き」と言うそうです。

古典で学んだ「良き」から使われ始めたようで、女子高生風にアレンジされて「良き良き」となったとか。

(参考:「女子高生流行語大賞2016」発表 「卍」「BFF」…全部知ってる?

そして、「良き」は2016年に第2位にランクインしてから廃れることなく存在し続け、その結果、翌年2017年には「〇〇み」ブームが到来し、そのブームに乗っかって、「良き」にも「〜み」が付いて、「良きみ」になったのではないかと私は考えました。

過去の流行語って残るものなんですねー。むしろ息を吹き返したんじゃないでしょうかね。

 

最後に

まとめると、このようになります。

  • 「良い→良さ→良さみ
  • 「良い→良き→良きみ

この「〇〇み」がいつか将来で教科書に載るようなことがあれば、「良い」の「〇〇み」は不規則変化ですから注意しましょう!って感じになるんでしょうね(笑)

そう考えると、何だか面白いですよねー。言葉って歴史がどんどん刻まれていくんだなと思いました。

流行語を言葉の乱れと感じ取る方もいらっしゃると思いますが、とりあえず使ってみると、何だか流行に乗れたような気持ちになり、楽しくなりますので、ネタとして試してみてください(´∀`)

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon

 

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です