「ヤバい→ヤバみ→ヤバたみ」!? 次は「ヤバぽみ・ヤバぽたみ・ヤバぽたみあ文明」!? 今後の変化予想も考察 !!

 

言葉の進化は止まらないと感じる私。いや、面白いですよね。

どんな発想で生まれてくるのか。興味しかありません。

 

前回は『今の若者は「尊い」をよく使う?「萌え」の進化系愛情表現「尊み」まとめ。使い方も考察。』という記事を書きました。

その中で接尾辞「〜み」の最近の使われ方の一端をご紹介しました。

今回は「〜み」の進化形の「〜たみ」、更には、今後進化して「〜ぽみ・ぽたみ」になるだろうという、超個人的な未来予想もまとめます。

本記事は下記の順でまとめましたので、読み進めたいところにスクロールしてください。

  • 「〜み」について
  • 「〜たみ」について
  • 「〜ぽみ・ぽたみ」について

尚、本記事は国語教育の品詞名称(形容詞 等)を使用し、日本語教育の品詞名称(い形容詞 等)を使用しませんので、予め お見知りおきください。

 


 

近年の接尾辞「〜み」の接続の簡単な分類

いずれも「〜み」が接続することにより名詞化するという機能があります。

まずは、サラッと少しだけ紹介をします。別記事で詳細にまとめます。

 

形容詞「〜い」→「〜み」の場合

  • ヤバい→ヤバみ

 

助動詞「〜たい」→「〜たみ」の場合

  • 食べたい→食べたみ

 

動詞「連用形」+「〜み」の場合(※「分かる」のみ)

  • 分かる→分かりみ

 

名詞の場合

名詞接続の場合、「〜ぽい」「〜ぽさ」という意味に変わる。

  • 親子→親子み(親子っぽさ)
  • 兄弟→兄弟み(兄弟っぽさ)
  • 田中→田中み(田中っぽさ)

 

ここまでは序の口です。ここからが本題です。

 


 

「〜み」→「〜たみ」への進化

言葉は更に進化をするようで、助動詞「〜たい」→「〜たみ」の影響か、その法則が広範囲化し、「〜み」→「たみ」への進化しているようです。

つまり、「ヤバい」→「ヤバみ」→「ヤバたみ」です

ただ、前述よりも適用できる品詞は形容詞・助動詞・動詞だけで少ないようなのですが、それも例示してみます。

 

形容詞「〜い」→「〜たみ」の場合

  • ヤバい→ヤバみ→ヤバたみ
  • つらい→つらみ→つらたみ
  • エモい→エモみ→エモたみ

 

助動詞「〜たい」→「〜たみ」の場合

「〜み」で前述のとおりです。

 

動詞「連用形+たみ」の場合

  • 分かる→分かりたみ

個人的に、これはないかと思っていましたが、使用例が多く見られました。

 

名詞がないように感じましたが、もしかするとあるのかもしれません。

助動詞は勿論、形容詞と動詞「分かる」は適用されるようです。

 


 

更に進化が続く !?「ぽみ・ぽたみ・ぽたみや文明」への進化 !?

「〜たみ」からの進化はまだまだ続くかもしれません。

ここからは、既にどこかで使われているかもしれませんが、可能性として進化形の予想を挙げてみます。

  • 「っぽい」→「ぽみ」
  • 「ぽみ」→「ぽたみ」
  • 「ぽたみ」→「ぽたみや文明」!?

上記の3つが進化の可能性を感じました。

 

なぜ「〜っぽい」が進化すると思うのか

「〜み」の名詞接続で、「親子っぽさ」を「親子み」という言い方をしたとおり、「〜み」の意味には「〜ぽい」という意味が含まれます。(そもそも、現実味・真実味という言葉もあります)

それで、「〜み」が「〜さ」の代わりに多く使われるようになった背景からも、「〜っぽさ」という言葉は「〜ぽみ」に置き換えられてしまうと考えました。

 

そもそも「無理ぽ」「駄目ぽ」のように「〜ぽ」という言葉が使用されている

以前から「無理ぽ」「駄目ぽ」のように、「〜ぽい」という接尾辞の省略形が使われていました。

そのことからも、「〜っぽい」は「〜ぽ」で省略され、

それを名詞化する「〜み」を足せば、「〜ぽみ」となると思いました。

 

接続が簡略化される

接続に関しても、「ヤバみ」「ヤバたみ」は下記のとおり、

「ヤバい→ヤバみ」から「ヤバい→ヤバたみ」になりました。

「ヤバいっぽい」は長ったらしく、「ヤバいっぽみ」というのもどうかと。

「〜み・たみ」の接続と同様に考えて、「ヤバぽみ」となると考えました。

更に「〜み」→「〜たみ」になった経緯から、「〜ぽみ」→「〜ぽたみ」に変化すると思いました。

 

音の響きも可愛らしい

「ぽみ」はパ行マ行からなるので、可愛らしい音の響きになります。

パパ・ママぱみゅぱみゅポムポムプリン」という言葉があるように、パ行+マ行は可愛らしさを出します。

「た」という音も「〇〇ちゃん」が「〇〇たん」に変化したように、あどけない印象を与える音です。

ぽたぽた焼き」という煎餅の商品名からも、音の可愛らしさは感じられます。

それで、若者の感覚にハマりやすいと思いました。

 

「メソポタミア文明→ヤバぽたみあ文明」になる?既存の言葉と絡める言葉遊び

これは別に取り立てて面白い話ではありません。

親父ギャグの如く、既存の言葉と絡めて言葉遊びをする事はいつでもある事です。

「尊み」という言葉が出た時、「豊臣秀吉→尊み秀吉」になり、

「良さみ」という言葉が出た時、「近藤勇→近藤良さみ」になりました。

「ぽたみ」という言葉が出たら、「メソポタミア文明→ヤバぽたみあ文明」となり得るでしょう。

もしくは「良さぽたみあ文明」にでもなるかもしれません。

 

ここで矛盾を感じるかもしれません。

言葉を省略する傾向があるのに、なぜ言葉を付け足して長くするのかと。

短くする方が好まれますが、長くすればそれはそれで面白いと感じる傾向があります。

長いからあまり使わないとも思えますが、そういう言葉遊びだとしましょう。

 


 

接尾辞「〜っぽい」→「〜ぽみ・ぽたみ」

という事で、以上の点から、今後 言葉はより進化していくのかと思いました。

では、実際に「ぽみ・ぽたみ」の予想使用例を挙げてみます。

 

接尾辞「〜ぽい」の使い方は、書き言葉であれば、狭い範囲での使用が適切ですが、話し言葉であれば、10代〜30代は何にでも付けている気がします。

なので、日本語教育の文法を度外視して、普段世間で使われるような使い方をベースにして予想使用例を考えてみます。

 

形容詞

  • ◯ヤバい→ヤバみ→ヤバたみ
  • ◯ヤバい→ヤバいっぽい→ヤバぽ→ヤバぽみ→ヤバぽたみ→ヤバぽたみあ文明

形容詞は普通に変換が出来そうです。

 

助動詞「〜たい」

  • ◯行きたい→行きたみ
  • △行きたい→行きたいっぽい→行きたいぽ→行きたいぽみ→行きたいぽたみ→行きたいぽたみあ文明
  • △行きたい→行きたいっぽい→行きたぽ→行きたぽみ→行きたぽたみ→行きたぽたみあ文明

うーん、どうでしょう。「〜たみ」は良かったんですが、「〜ぽみ・ぽたみ」は なんか どちらも言いづらいですね。

「彼、桜木町に行きたぽたみあるよ」「あの映画、見たぽたみ〜」「食べぽたみ〜」

ちょっとわけわからないですね。IKKOさんみたい。IKKOさんが使ったら流行りそう。

 

形容動詞

  • △駄目な→駄目み→駄目たみ
  • ◯駄目な→駄目っぽい→駄目ぽ→駄目ぽみ→駄目ぽたみ→駄目ぽたみあ文明

「〜み・たみ」自体、形容動詞で他の全ての言葉に適用できるかは分かりませんので、別記事で詳細に検証してみたいです。

「〜ぽ・ぽみ」の方が、どことなく すわりがいい感じがあります。

基本的に形容動詞は語形変化が名詞と同じなので、変化の傾向も名詞に近くなると思います。

 

動詞

  • ◯分かる→分かりみ→分かりたみ
  • ◯分かる→分かるっぽい→分かるぽ→分かるぽみ→分かるぽたみ→分かるぽたみあ文明
  • × 分かり→分かりっぽい→分かりぽ→分かりぽみ→分かりぽたみ→分かりぽたみあ文明

ちょっと「分かり」に「〜ぽみ・ぽたみ」を接続するのには無理があるかと思いました。言いにくいです。

  • × 行く→行きみ→行きたみ
  • ◯行く→行くっぽい→行くぽ→行くぽみ→行くぽたみ→行くぽたみあ文明
  • × 行き→行きっぽい→行きぽ→行きぽみ→行きぽたみ→行きぽたみあ文明

やはり「行き」のような連用形(ます形)は不向きに感じました。言いにくいです。

「〜み・たみ」では使用できていなかった動詞が「〜ぽい」の意味では「〜ぽみ・ぽたみ」で使う事が出来るように感じます。

「〜ぽみ・ぽたみ」の場合、動詞の活用形は終止形(辞書形)接続になると考えられました。

 

名詞

  • ◯親子だ→親子み
  • △親子だ→親子たみ
  • △親子だ→親子っぽい→親子ぽ→親子ぽみ→親子ぽたみ→親子ぽたみあ文明

うーん…微妙ですね。使えなくはないですが、ちょっと難しいかなぁと。

「あの2人、親子ぽみがある〜」

「〇〇ちゃん、未成年ぽたみあるね〜」

「〇〇くんたち、兄弟ぽたみがある〜」

「東京には近未来ぽたみあ文明がある〜」←意味不明

使えるかどうかは、今後の言葉の使われ方次第ですね。要は慣れですからね。

 


 

最後に

もはや、「〜み」は当たり前、「〜たみ」は浸透途中という感じですね。

「あげぽよ〜」という言葉があったように、パ行は好まれますので、「〜ぽみ・ぽたみ」も来るような気もします。

IKKOさんに似合いそうなんだけどなー。誰か使ってみると面白いかもしれませんね。

 

本記事はあくまで仮説です。いや、既に始まっているかもしれません。

とりあえず、以上が未来予想でした。

話半分、面白半分、冗談半分で、読み流してみていただけると良いかなと思います(´∀`)

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です