【歌詞分析】星野 源「SUN」(2015) の歌詞の意味とは?詩的表現の分析・個人的解釈


星野源にハマり始めて、最近の曲から遡(さかのぼ)る様にして聴いていき、突き当たったのが「SUN」でした。

今までの歌詞分析は「恋」(2016) →「肌」(2017) →「Family Song」(2017) の順で行なってきて、若干順番が前後していますが、第4弾の今回は更に遡っていきます。

「恋」で脚光を浴びる前の楽曲ですが、非常に魅力が詰まった曲ですので、魅力を引き出せる様に歌詞分析をしていきますので、お付き合いください。

 

曲の概要

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【オリコン加盟店】通常盤■星野源 CD【SUN】15/5/27発売【楽ギフ_包装選択】
価格:1296円(税込、送料別) (2017/12/21時点)

  • リリース:2015年5月27日
  • 作詞:星野 源
  • 作曲:星野 源
  • ストリングスアレンジ:岡村美央、星野源
  • フジテレビ系水10ドラマ『心がポキッとね』主題歌
    …台本を読んで書き下ろした曲で、星野源の初めての連続ドラマ主題歌。
  • 上記情報 参考元:https://ja.wikipedia.org/wiki/SUN_(星野源の曲)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心がポキッとね[本/雑誌] / 岡田惠和/脚本 蒔田陽平/ノベライズ
価格:1404円(税込、送料別) (2017/12/21時点)

 

 

歌詞分析

歌詞分析をする上で1つ予め申し伝えが御座います。

  • A/B/Cメロ、サビ等の区切りを設けましたが、個人的な判断によるものですので、公式発表された正式なものでは御座いません。
  • 歌詞サイトと段落の区切りが違います。分析していく上で、分かり易い様に区切りました。

 

曲全体の解釈

この曲全体の解釈として2つのパターンがあると考えました。

  • 「君」に会いたくて堪らない気持ちを表した歌
  • 「君」は亡くなり死別してい、それで会いたいと願う歌

個人的には前者で解釈しているのですが、一部後者の解釈を掻(か)き立てる部分があります。

それは2番の後のCメロ「祈りと届くなら 安らかな場所にいてよ」というフレーズがあるからです。

星野源の歌詞の手法だと、ダブルミーニングで取れる様な言葉選びをするので、どちらでもいいと思うのですが、詳しくはCメロで考察します。

 

 

ポイント

タイトルが「SUN」なので、「太陽」とは何を指しているのかが重要です。

それと、歌詞全体で朝と夜の対比が繰り返されている事も重要です。

そのポイントを押さえて歌詞を分析していくと、

  • 太陽=君
  • 夜=私 1人 朝=私と君 2人

という解釈が出来ると感じました。なので、このポイントを基に解釈を進めてみます。

 


1番 Aメロ

Baby 壊れそうな夜が明けて 空は晴れたよう

Ready 頬には小川流れ 鳥は歌い

「 Baby 壊れそうな夜が明けて 空は晴れたよう 」

意訳:「君がいなくて、私自身が壊れてしまいそうなくらい孤独な夜が明けて朝になり、空が晴れた様に明るく太陽が出ている」

  • 「壊れそうな夜」「君がいなくて、私1人で、寂しくてどうにかなりそうで壊れてしまいそうな夜」だと思いました。
  • 「空は晴れたよう」:「晴れたよう」なので、ちゃんと晴れているかは判然としないのですが、晴れていようがなかろうが、太陽が出て空が明るくなり、「私は空が晴れたように感じた」という事なのかと思いました。それくらいに朝が待ち遠しいのかと思いました。

 

「 Ready 頬には小川流れ 鳥は歌い 」

意訳:「泣いて涙が頬を伝い、鳥が歌う様に鳴いている」

  • 「頬には小川流れ」:「頬に小さい川が流れる」というと、「泣いて涙が頬を伝った」という意味になり、「夜は君がいなくて私は孤独で寂しく、泣いて涙が流れた」という解釈になると思いました。
  • 「鳥は歌い」「朝になり鳥の声が聞こえ、その声はまるで歌っているように聞こえる」という意味だと思いました。そのように感じる程、朝が待ち遠しくワクワクしている心情を映している表現だと思いました。

 

<まとめ>

なので、この部分では、節の前後で夜と朝の対比をしていると感じました。

  • 夜:「壊れそうな夜が明けて」 朝:「空は晴れたよう」
  • 夜:「頬には小川流れ」 朝:「鳥は歌い 」

もしかしたら、「小川流れ」は朝とも解釈出来ますので、どちらでもいいと思いますが、対比して考えられるという考察を挙げておきます。

あと、「Baby」と「Ready」は音の調子を取るためのフレーズかと思い、あまり触れませんでした。

 

1番 Bメロ

何か 楽しいことが起きるような 幻想が弾ける

「 何か 楽しいことが起きるような 幻想が弾ける 」

意訳:「何か楽しい事が起きるだろうと、現実にありもしない想像が弾けるように、頭の中で浮かんで膨らんでいく」

  • 「幻想」辞書によると「現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。また、そのような想念」という意味。
  • 「弾ける」辞書によると「勢いよく飛び散る。比喩的にも用いる」という意味

 

1番 サビ

君の声を聞かせて 雲をよけ世界照らすような

君の声を聞かせて 遠い所も 雨の中も すべては思い通り Ah Ah

「 君の声を聞かせて 雲をよけ世界照らすような 」

意訳:「雲を避けて世界を照らす太陽の様な、明るく輝く君の声を聞かせてくれないか」

  • 「君の声」:「雲をよけ世界照らすような」と続いているので、「君の声」は「太陽のようなもの」と解釈してみました。
  • 「君の声を聞かせて」:サビ前迄で「早く夜が明けて欲しい。君に会いたい。君の声が聞きたい」という気持ちが描写されていました。一般的に、恋していると「声が聴きたくなった」と思う事がありますが、会いたくて仕方ないし、声だけでも聴きたいという恋い焦がれる気持ちが、私はこの歌詞でより強く感じられました。

 

「 君の声を聞かせて 遠い所も 雨の中も すべては思い通り 」

意訳:「君の声を聞かせてくれないか。遠い場所でも雨の中でも全ては思い通りになる

  • 「思い通り」:1番Bメロで「幻想」という言葉があり、それに対応していると感じました。なので、「弾けるように浮かんだ幻想が全て思い通りになる」という様に繋がるのかと思いました。

 


2番 Aメロ

Baby その色を変えていけ 星に近づいて

Hey J いつでもただ一人で 歌い踊り

「 Baby その色を変えていけ 星に近づいて 」

意訳:「太陽よ、星に近づく様に昇り、暗い夜の空の色を明るく変えていけ。朝になってくれ」

  • 「星に近づいて」:先にこちらから解釈を。何が星に近づくのかを考えると太陽だと思いました。「東から西に太陽が昇り、夜空にある星に近づいていく」という意味だと考えました。
  • 「その色を変えていけ」:なので、「その色」とは「夜の空の色」を意味して、「日が昇って空の色を明るく変えていけ」という意味になると思いました。
  • そして、「朝に早くなってくれないか」と願っていると思いました。

 

「 Hey J いつでもただ一人で 歌い踊り 」

意訳:「君がいない夜は、僕はいつでもただ独りで歌って踊っているんだ」

  • 「ただ一人」:2番Aメロに引き続き、この部分も夜の場面を指していると思いました。なので、夜は太陽の様な君がいなくて独りだと考えました。

 

※「Baby」「Hey J」は1番と同様に触れませんでした。

 

2番 Bメロ

何か 悲しいことが起きるたび あのスネアが弾ける

「 何か 悲しいことが起きるたび あのスネアが弾ける 」

意訳:「私の日常に何か悲しい事が起きる度に、あのスネアドラムの様なワクワクとした幻想が弾ける様に思い出される」

  • あのスネア弾ける」:1番Bメロで「何か 楽しいことが起きるような 幻想弾ける」という歌詞があります。なので、「あのスネア」=「何か 楽しいことが起きるような 幻想」だと考えました。
  • 「スネア」スネアドラムを指すと思いました。スネアドラムは音が軽くて弾けるような音のなので、弾けるようにワクワクした幻想を比喩して「スネア」と表現していると思いました。
  • 「起きるたび〜弾ける」:悲しい事が起きるたびに「思い浮かぶ」「膨らむ」だとおかしいと思いましたので、「弾ける」は「思い出される」の方が良いのかと思いました。

 

2番 サビ

君の声を聞かせて 雲をよけ世界照らすような

君の声を聞かせて 遠い所も 雨の中も すべて同じ陽が

「1番サビ」と殆ど同じ内容ですが、「すべて同じ陽が」という部分だけが違います。

 

「君の声を聞かせて 遠い所も 雨の中も すべて同じ陽が 」

意訳:「君の声を聞かせてくれないか。聞かせてくれたら、遠いところであろうと雨の中であろうと、君という太陽が僕を照らしてくれる」

  • 「すべて同じ陽が」「太陽=君」と解釈しているので、遠い所であろうと雨の中であろうと、太陽は全て君なので同じですよね。サビ前半に「照らすような」とありますので、「君という太陽が照らす」だと思いました。

 


Cメロ

祈り届くなら 安らかな場所にいてよ

僕たちはいつか終わるから 踊る いま いま

解釈:「君」は死んでいるのか?

  • 「祈り」「安らか」という表現や、「太陽」=「君」という解釈から考えると、「君」は死んでしまい、お天道様になったのかと考えられます。
  • ですが、Cメロ後半で「僕たちはいつか終わる」と続いているので、この時点では「君」が死んでいるという事もなく、終わっているという事でもないと考えられました。
  • 解釈は人それぞれなので、亡くなった「君」を思い出す曲として解釈するのも良いと思います。

 

「 祈り届くなら 安らかな場所にいてよ 」

意訳:「私の祈りが君に届くなら、穏やかな変わった事のない安全な場所にいて、長く生きてくれよ」

  • 「安らかな」辞書によると「穏やかで変わったことのないさま。平安なさま」「何の心配も悩みもないさま」とあります。人が亡くなると「安らかな眠りにつく」と言いますが、それは後者の意味で使われるそうです。
  • 「祈り」:Cメロ後半で「いつか終わる」と言っているので、「いつか命が終わるからこそ、穏やかな変わった事のない安全な場所にいて過ごして、長く生きてほしい」とも考えられると思いました。

 

「 僕たちはいつか終わるから 踊る いま いま 」

意訳:「僕たちの関係や命は いつか終わってしまうから、今こそ一緒に踊ろう」

  • 「僕たちはいつか終わる」:僕たちの何が終わるのかは明示されていませんが、「関係」「命」かと思いました。2人が恋人や夫婦なら「関係」でしょうし、それぞれ人間として「命」とも考えられたからです。星野源は一見して悲観的な「終わる」という表現をしていますが、真理の様なモノを直視し、だからこそ「踊る いま いま」という歌詞の様に「今を大切にしよう、今こそ踊ろう」という様な意味を込めているのではないかと思いました。
  • 「肌」という曲の時も「二つしかなれない」という歌詞があるのですが、「真理を受け入れた上で愛そう」という星野源の感覚が窺(うかが)えます。(個人的な解釈)

 

3番 サビ(大サビ)

君の声を聞かせて 雲をよけ世界照らすような

君の声を聞かせて 遠い所も 雨だって

君の歌を聴かせて 澄み渡り世界救うような

君の歌を聴かせて 深い闇でも 月の上も すべては思い通り Ah Ah

前半は同じ歌詞なので割愛しますが、後半では、大サビのみ「声」ではなく「歌」に変わります。その点は押さえておきます。

 

「 君の歌を聴かせて 澄み渡り世界救うような 」

意訳:「僕の抱く心の中の濁りや曇りなどをなくし綺麗にして救う様な、太陽の様な君の歌を聞かせてくれないか。歌に乗せて踊るから」

  • なぜ「歌」なのか?:2番Aメロでも出ましたが、Cメロでも「踊る いま いま」とありました。そこから考えるに「踊るのは音楽に合わせてのだから、声ではなく歌として聴きたいのではないか」と思いました。
  • 「澄み渡り」「澄み渡る」とは辞書によると「濁りや曇りなどがなくなり、きれいになる」という意味。心の中になる負の感情を澄み渡らせるのではないかと思いました。
  • 「世界」:現実的な世界という意味ではなく、僕の心の中を「世界」と言っているのではないかと思いました。

 

「 君の歌を聴かせて 深い闇でも 月の上も すべては思い通り 」

意訳:「君の歌を聞かせてくれないか。聞かせてくれたら、深い闇の中でも月の上でも どんな所にいても、僕の思い描いていた幻想は全て思い通りになるから」

 

という事で、歌詞分析は以上となります。

 

最後に

私は、この曲は「太陽の様な君を愛する歌」だと感じました。

あなたはどの様に感じましたか?

「亡くなった人を愛しく思う歌」という解釈も素敵ですよね。

ダブルミーニングで感じさせられる様な曲を書ける星野源は本当に素晴らしいと思います。

今後も星野源の楽曲を取り上げていきます(´∀`)

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon)←☆歌詞分析依頼はTwitterからもOK!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心がポキッとね[本/雑誌] / 岡田惠和/脚本 蒔田陽平/ノベライズ
価格:1404円(税込、送料別) (2017/12/21時点)

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です