【歌詞分析】星野 源「肌」(2017) の歌詞の意味とは?詩的表現の分析・個人的解釈


星野 源 (ほしの げん) と言えば、2016年に大ヒットした「恋」が有名で、誰もが知る存在かと思います。

ビオレuのCMにも星野源が起用され、「肌」という曲がCMでは使われています。

「お風呂からひとつになろう」というキャッチフレーズのこのCM。

「新しくなったビオレuは、しっかり洗う派も、やさしく洗う派も、洗うチカラをコントロール。だから、家族みんなにこれ1本。」という説明もYouTubeの動画説明欄にありました。

CM用に合わせて書き下ろされたとも思えるこの曲は、こういった背景も今回は歌詞にも関係すると思いましたので、この様に載せさせていただきました。

 

という事で、「恋」に続き、今回は「肌」の歌詞分析をしていきたいと思います。

→コチラもオススメ:【歌詞分析】星野 源「恋」(2016) の詩的表現を分析・歌詞の意味の個人的解釈

 

曲の概要

  • 作詞:星野 源
  • 作曲:星野 源
  • 編曲:星野源、岡村美央(ストリングス)
  • シングル「Family Song」のカップリング曲
  • 「ビオレuボディウォッシュ」(公式サイト) の新CMに提供した楽曲

この曲は意外にもBメロらしきものがなく、曲の展開が早いです。「もうサビなの?」みたいな感じです。

ですが、中身の詰まった味わい深い歌詞なので、一緒に歌詞を分析してみましょう(´∀`)

「1番Aメロ」→「サビ」→「2番Aメロ」の順番で歌詞の分析をしてきます。

 

1番 Aメロ

外へ 飛び出す時

日差しを浴びた君から 声が聞こえて

どんな 近づいても

一つにはなれないから

少しだけ せめて

「外へ 飛び出す時 日差しを浴びた君から 声が聞こえて」

「どんな 近づいても 一つにはなれないから 少しだけ せめて」

まず、この2つを並べてみると距離感の対比になっていると思いました。それぞれ分けて説明します。

 

「外へ 飛び出す時 日差しを浴びた君から 声が聞こえて」

主語が誰なのか、という現代文の読解みたいな事から始めます。

人物は私と君がいるのですが、まず位置関係が少し離れています。

「外へ飛び出す時」は (私が) 外へ飛び出す時」という事になります。

「日差しを浴びた君から 声が聞こえて」は、私が外に飛び出そうとしているのに対し、君は既に外に出て日差しを浴びています。

「家にいる私、既に外に出ている君」という位置関係がありますよね。

なので、以下の様にまとめます

(私が) 外へ飛び出す時、(先に外に出て) 日差しを浴びた君から (の) 声が (私に) 聞こえて」

 

「どんな 近づいても 一つにはなれないから 少しだけ せめて」

Aメロ前半で位置関係が分かり、距離が感じられているのが分かりました。

それと対比して、私は思っているのが、Aメロ後半の部分です。

言葉を付け加えてみますと、

「どんな (に) 近づいても、(私と君は) 一つになれないから、少しだけせめて…」

という様にまとめられ、サビへと続いていきます。

対比して考えると、君のもっと近くにいたいという私の気持ちが強く感じられます。

 

それ以外に感じられるものもあります。

Aメロ前半で、先に外に出ていって日差しを浴びている姿を想像すると、「君という存在は元気で太陽の様に眩しい存在だ」とも感じられます。

また、元気良く先に行く君の姿を私は嬉しそうに追っている様にも感じられます。

「天気いいよー!早く早くー!」と君は私に言っているのかもしれませんね。微笑ましい。

そんな元気な姿の君を見て、私は愛おしく「もっと近づけて、ずっとそばにいたい、1つになりたい」と思ったのかもしれません。

明るい曲調と相まって、情景がどんどん浮かんできますよね。

 

この曲全部を通して言えるのが、君と僕は恋人、家族、親子、夫婦、何でも当てはまるということ。

なので、君が我が子かもしれません。元気にハシャぐ我が子を見る私かもしれません。

人によって当てはめたい相手が変わると思います。懐が深い歌ですよね。

 

サビ(繰り返し:1番・2番・ラスト)

触れ合うと 言葉より

君のことを知れる気がした

その胸に口づけを

手のひらを握った日々の その肌を

「少しだけ せめて 触れ合うと」

Aメロの「少しだけ せめて」からサビに繋げて考えると、「少しだけ せめて 触れ合いたい」とも解釈出来ますね。

もしくはAメロ内だけで考えれば「少しだけ せめて 近づきたい / 近くにいたい」とも解釈出来ると思います。

 

「触れ合うと 言葉より 君のことを知れる気がした」

言葉を加えてみると、こうなります。

→「 (君と) 触れ合うと、言葉 (で話す) より、君のことを知れる気がした」

言葉で話して分かるものもあれば、分からないものもありますよね。

逆に触れ合うだけで分かるものもあります。

体温、脈、心音、そして、「肌」も。

肌を通して、君の柔らかな感触も、硬い筋肉質な感触も、温かな体温も、ときめいて高鳴る胸の鼓動も、穏やかに落ち着いた心地も、離したくなくなる愛情も、もっと触れたくなる欲情も知れるのです。

それは、君のことが知れる、だけではなく、自分の中にある君に対する思いも知れるはずです。

「やっぱり、君が大切だ」と思うかもしれませんし、「なんか…違う…」なんて思うかもしれません。

君のことを知ることは、私の君に対する思いも知ることにもなるでしょうね。

 

それに、プラス的な事が知れるだけではありません。

肌を通して、君の抱くもの、悲痛な思い、心の傷・痛み怯え恐れ震え緊張不信感絶望不安も知れるでしょう。

言葉に表せない、心の奥に隠したものが、思いも寄らぬ深さで知れることもあるでしょう。

言葉を尽くす事が全てではなく、人の温もりにより心落ち着かせる事が出来る。

そういう意味で、触れ合う事で君のことが知れて、君に対する思い、支えてあげようと思う私の気持ちも知れるのかもしれません。

 

また、官能的なものもあるでしょう。前述した欲情もそうです。

後で補足で外部情報を入れて詳しく説明しますが、この様な解釈も星野源曰(いわ)く狙っていた様です。

なので、触れ合うと、気分の高まりも、上気した息遣いや表情も、温もりある柔肌も、魅惑的な雰囲気を醸し出す綺麗に梳(と)かされた髪も、蕩(とろ)けそうな瞳も、求める様にやや開いた唇も、知れることでしょう。

「君」が男性なら、逞(たく)ましい胸板も、血管の浮き出た手の甲も、包み込まれる様な大きな身体も、強く抱きしめたくなる背中も、釘付けにする鋭い眼差しも、知れることでしょう。

肌から、非言語的な感情や感覚官能的な部分も感じられるということでしょう。

 

「その胸に口づけを 手のひらを握った日々の その肌を」

ここのサビの後半部分なのですが、言葉を足そうとするとやや難しいのです。

「その胸に口づけを」はまだしも、「手のひらを握った日々の その肌を」という部分が「それを…どうしたいの?」という感じになってしまいます。

ですが、サビの前半と対比しながら考えると分かる気がします。

サビ前半は「触れ合うと 言葉より 君のことを知れる気がした」とありました。

「触れ合うと」「君のことが知れる」ので、

「触れ合う」→「その胸に口づけを」すると

「君のことが知れる」→「手のひらを握った日々のその肌を」知れる、となると思います。

なので、言葉を足してみると、

「その胸に口づけを (すると、) (君の)手のひらを握った日々のその肌を (知れる)

となると思います。もう少し砕いて言い換えると、

「私が君の胸に口づけをして触れると、君の手のひらを握ってきたこれまでの日々君のこと君とのこと思い出す

「日々の」と言っているので、現在に至るまでのこれまでの事を指しているので、「知れる」よりも「思い出す」の方が適切だと思いました。

「その肌」という部分は、前述したとおり、肌から非言語的な事を感じられ、外面的な肌の質感等や、内面的な感情や感覚等が感じられます。

非常に沢山の事が感じられますし、「日々の」で前述したとおり、今に至るまでの事も含むと考えると、「その肌」という言葉は「思い出」も含まれるのではないかと思いました。

なので、「その肌」「君のこと」「君とのこと」という様に、幅を持たせた言葉に言い換えてみました。

どうでしょうか?足りなかった言葉が埋められた感じがしますよね。

 

解釈に関して

前述の通り、官能的な解釈も想定していたと星野源自身が言っていた話なので、想定出来る人物像の幅も広がります。

 

親子という解釈

まず、ビオレ的には、親子という解釈の方が良いでしょう。私もCMを見た時に最初はその様に感じました。

親子がお風呂で洗いあっていて、子供が愛おしいが故に、親が子供を抱きかかえ、その胸に頰を当てキスをする。

胸に口づけをする、という構図を考えた時、やはり、子供を抱きかかえる様にすると思うのです。

そして、口づけをして、抱きかかえて触れる子供のを、身体を感じ、生まれてから今までの「日々」を感じるでしょう。

大きくなった身体も、発達してきた骨格も、それらの日々の成長を感じるのでしょう。

私はその様に感じました。

 

授乳 母子という解釈

後述しますが、星野源は「授乳」という解釈も出来ると言っていました。

「その胸に口づけを 手のひらを握った日々の その肌を」

そうなると、私と君の主語の関係がそれまでの流れと変わる様な気がしますが、授乳というパターンで考えてみます。

これまでサビ後半までは「触れようとする人=私=親」「触れられる人=君=子供」でした。

解釈する上で、ちょっとだけ言葉を変えてみます。

→「 (この) 胸に口づけを 手のひらを握った日々の その肌を」

「その」を「この」に変えました。口づけ=子供で、胸=母親だとして、母目線「私=母」とした歌詞であるとするなら、「私の胸」は「その胸」ではなく、「この胸」になりますよね。

更に細かく動作の主体を補足を加えてみると、

→「 (この私の) 胸に (子供の君が) 口づけを (君の) 手のひらを (私が) 握った日々の (君の) その肌を」

そして、前述していた解釈を補足して授乳バージョンにしてみると、

→「 (この私の) 胸に (子供の君が) 口づけを (して私が授乳をすると、) (君の) 手のひらを (私が) 握った日々の (君の) その肌を (知れる) 

君が私の胸に口を付けて私が君に授乳してあげていると、君の手のひらを握ってきたこれまでの日々君のこと君とのこと思い出す

前述の部分は青色でそのままにしましたが、授乳部分は緑色に変えて変更点を明示しました。

この様にすると、授乳という解釈も出来ると思います。

「授乳をしてあげていると、子供が生まれてから、今まで段々と育ってきているその成長を感じられる」という様に解釈出来ると思います。

 

異性 夫婦 恋人 官能的な解釈

「その胸に口づけを 手のひらを握った日々の その肌を」

官能的な解釈ですと、まずは前述のとおりに動作の主体を明示してみると、

 (君の) その胸に (私が) 口づけを (君の) 手のひらを (私が) 握った日々の (君の) その肌を」

「その胸」を女性の胸か、男性の胸かで分けて考えると、女性=乳房男性=胸板という解釈も出来、「貴女の乳房に口づけをする」「貴方の胸板に口づけをする」という様に捉えられ、官能的でセクシーな描写になりますよね。

更に、そうなると、「手のひらを握った」も官能的な描写で考えると、強く情熱的に求め合う様に握ったとも考えられるかもしれませんね。

そして、そんな2人で重ねた情熱的な「日々」「2人のこと」を思い出すとも考えられるでしょう。

 

2番 Aメロ

お湯の 雨をかぶり

煙を昇らせながら 額を見せた

きつく 抱きしめても

二つしかなれないから

少しだけ 長く

「お湯の 雨をかぶり 煙を昇らせながら 額を見せた」

「お湯の雨をかぶり」は「温かいシャワーを浴びる」

「煙を昇らせながら」は「湯気が立つ」をそれぞれ意味していると思います。

そういったことから、場面は浴室ということが考えられます。

また「被(かぶ)る」とは、「頭や顔などにそれを覆うものを載せる。また、全体をすっぽり覆う」「頭からからだ全体にかけて受ける。水・ほこりなどを浴びる」という意味があります。

いずれにせよ「全体的に覆う・受ける」という意味になり、どちらかと言うと後者の意味の方が適切だと考えられ、「お湯の雨」はポツポツではなく、広い範囲で受けていると言う事が考えられます。

 

動作の主体が誰なのかを考えると、「見せた」から推測するに、「私」が「君」に「見せた」というのは考えにくいので、「君」が「私」に「見せた」とすると、

→「 (君は) お湯の雨をかぶり、煙を昇らせながら、(君は私に) 額を見せた」

となると思います。

 

それで、解釈ですが、想定する人物像によりお風呂の入り方、シャワーの浴び方は変わり、解釈の仕方も変わってくると思いました。

 

親子

ビオレ的に人物を親子だと想定すると、「私=親」「君=子供」だとします。

すると、親が子供にシャワーをかけて、お湯からは湯気が上がり、お湯で顔に張り付いた髪を分けながら顔についたお湯も払い、「ぶはぁっ!」と言って親を見上げながら額を見せている、と考えられます。

シャワーじゃなくて、風呂桶に溜めたお湯かもしれませんね。子供の時、よく親にされたものです。

お湯を溜めた風呂桶を逆さにし、頭からお湯の雨を被る、という絵も浮かんできますね。

 

夫婦・恋人

大人になったら親子の様な身長や体格の差はありませんし、風呂場でどちらかが立っているというのもおかしな話で、風呂場にいたら、しゃがんでいる事の方が多いと思います。

大人2人が座れば、大抵身長差が無くなりますので、2人の目線の高さは同じくらいになると考えてみます。

泣いている子供をあやす時、視線の高さを合わせて安心させる様に、視線の高さが同じになると人は安心感や親近感を感じます。

それで「額を見せる」という場合は、子供は親を見上げていましたが、大人同士ならシャワーを浴びて真横に振り返って額を見せたと考えられ、同じ高さにある視線で見つめ合っているのかと思いました。

または、親子みたいにシャワーをかけてあげたりすることも少ないと思いますが、「シャワーを浴びせてあげる」という場合、結構 微笑ましい絵になりますね。

 

「いや、うちはユニットバスで狭くって、座っていられないんです」という方は、2人で浴室に入る時は互いに立っていると思います。

ユニットバスの狭い浴室で立ったままシャワーを浴びた場合、「君」の背丈が高ければ、「私」を見下ろすでしょうし、「君」の背丈が低ければ、「私」を見上げるでしょう。

上目遣いが格好の例ですが、高低差はときめきを感じさせる効果もあると思いますので、狭い場所で立って、視線の高さでときめきを感じられるとも思います。

 

という事で、親子であれ夫婦・恋人であれ、やはり2人でお風呂に入るという場面は、仲良さげな絵が浮かんできます。

 

官能的解釈

あと、官能的にも少し考えると、お湯を浴び、湯煙が立ち込め、湯気をまとった姿というのは印象的に目に映り、濡れ髪を掻き分ける姿も扇情的で、額を見せ、こちらを見つめられたら、胸の高鳴りはより一層増すでしょう。その様に感じられました。

 

「きつく 抱きしめても 二つしかなれないから 少しだけ 長く」

一部言葉を補足して、それと、「少しだけ長く」の続きを考えてみると、

→「きつく抱きしめても、二つ (に) しかなれないから、少しだけ長く (抱きしめる)

になると思いました。

親子・夫婦・恋人で お風呂に一緒に入り、仲睦まじい雰囲気でお湯を楽しんだら、相手への想いが一層高まるでしょう。

「相手を想い、強く抱きしめ、より近くにいたい、もっと繋がっていたい、1つになりたいと思い、相手をきつく抱きしめる。でも、1つにはなれず、2つにしかなれない、2つでいるしかない。だから、せめて少しだけでも長く抱きしめていたい」

という様な意味になるのではないかと思いました。

愛するが故に、恋しく思うが故に、一緒に1つになりたいと思うのは本能なのでしょうかね。

官能的な解釈であれば、愛故に恋故に1つに繋がりたいと思う、という解釈になるのでしょうかね。

 

という事で、歌詞解説は以上です。

次に星野源が自ら明かしていた「肌」の曲の解説の一部を紹介します。

 

ラジオで「肌」に関しての解説があったそうです

私、本当は他の人の解説を読まないで自分の解説を描きたいって思いがいつもあるんですが、曲の情報を探す際に、ラジオでの星野源の話のページに行きあってしまい、話の一部の曲の解説も読んでしまいました…

そのページがこちらです→【星野源「肌」を語るmiyearnZZ Labo

誰に謝るでもない話なのですが、ごめんなさい。(反省)

サビの部分の「その胸に口づけを」という部分なんですが、1番解説が欲しいところを星野源自身が解説してくださり、それによると、以下の通りです。

『肌』、さっきあんまり言えなかったんだけど、親子のお風呂に入っている写真を見ながらのCMだったので、そういう意味ももちろんあるんです。「その胸に口づけを」っていう歌詞は授乳というか、そういう意味もあるし。でもそういう親子的なものもありつつ、同時にダブルミーニングでいわゆる異性といか。ちょっとエッチなというか官能的な部分みたいなものを同時に表現できたらいいなと。だからどっちに受け取ってもらってもいいし。その人によって。なんかそういう自由な詞がかけたらいいなと思って書きました。

(引用:星野源「肌」を語るmiyearnZZ Labo

これを読んで、「うわっ…私のやる事無くなった…」って思ったんですけど、他の部分でもやっぱり書きたいことはあったので、立ち直りました。いや、開き直りました。ドヤッ

 

最後に

ラジオの話で曲の理解が最後の最後で深まったところで、「肌」の歌詞分析は以上です。

「恋」の歌詞分析でも感じたのですが、星野源の歌詞における情景描写は見事だと思いました。

思い浮かべ易く、人の温もりが伝わる様な表現で、相手への想いを感じさせている様に私は感じました。

また愛するが故に近づきたい、1つになりたい、という表現が多いとも感じました。

いずれにせよ、良い歌詞ですよね。好きになりました(´∀`)

 

最後に参考・引用元をまとめます。

【参考・引用元】
  • 「被る」の意味 引用:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/44310/meaning/m0u/

 

以上で本記事を結ばせていただきます。

「肌」はAメロとサビの繰り返しで解説部分は少ないはずなのですが、解釈の仕方がたくさんあり、長くなってしまいました。

長々とお付き合いしてくださり ありがとうございました(´∀`)

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon

 

 

 

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です