【Twitter】ツイッターでツイートする時 1行あたりの文字数の上限は何文字?パソコンとスマホで違う改行される文字数

 

本記事にお越しいただけまして、誠にありがとうございます。

Twitterで欠かさず情報公開をする 白ねずみ(@whitemicemoon)です。

 

Twitterでツイートして情報公開をする際に、文字数や改行の仕方によっては読みにくいものがあります。

ましてや、それが広告ツイートだったりすると、読む気にもなりません。

興味のない、フォローしてもない広告を誰がゆっくり読むのでしょうか?

また、ブログ更新のツイートにしても、読みにくかったらURLにタップしてもらえません。

なので、どんな時でもツイートをする際には文字数を気にしなければなりません。

 

今回、ツイートの文字数について、個人的な研究・考察から得られた情報をご紹介します。

 

ツイートの改行の文字数の上限は4種類

メディア 文字数
スマートフォン(個別表示) 16文字
スマートフォン(タイムライン上) 18文字
パソコン(個別表示) 20文字
パソコン(タイムライン上) 36文字

こちらが、様々なツイートの文字数を確認して分かった、1行あたりの段落の切り替え・改行が起こる文字数の上限です。

それぞれの文字数を越えると段落の切り替え・改行が起こります。

 

この結果をご覧いただく際に注意したい事があります。

  • 「スマートフォン」とは、iPhoneのことです。アンドロイドについては当方では分かりかねます。
  • それと、「個別表示」とはツイートをタッチして、そのツイートだけが画面に表示される場合のことを便宜的に「個別表示」という名称で説明させていただきますので、お見知りおきください。
  • いずれも、アプリからではなく、インターネットのTwitterにログインした状態での結果です。

以上の注意を踏まえましてご覧ください。

 

1行あたりの文字数の上限を意識しないとどうなるのか

1行あたりの文字数の上限を把握しておかないとどうなるかというと、中途半端なタイミングで改行してしまい、結果として読みにくくなるからです。

極端な例になってしまって、大変恐縮なのですが、上記の写真のとおり、今回は谷川 俊太郎の「生きる」の冒頭部分を使用して説明致します。

このように、どこで区切るか、どこで改行するかを意識しないと、思わぬところで改行が起こりますから、文字数の意識は必須です。

 

また、この詩の例で伝えたい事としては、改行が多くなるからこそ、短文で、文を短く切ることの必要性を伝えたいのです。

広告にしろ何にしろ、目に留めて直ぐに理解してもらえる様にしなければ、ツイートしても意味がありません。

瞬間的に伝えられる様にするには、詩の例の様に、短く文を区切らなければならないのです。

 

また、ツイートを投稿する際の投稿画面の改行の文字数もお伝えします。

実はどれも上記の表とは文字数が違うのです。

 

そもそもツイート投稿画面の改行の文字数は?

パソコン タイムライン ツイート投稿枠

前述の表の通り、パソコンでの表示されるツイートの1行の文字数上限は20文字と36文字です。

しかし、パソコンのタイムラインの上にあるツイート投稿枠からのツイートの場合、1行33文字が上限数で、それを超えると改行されます。

 

パソコン 個別ツイート投稿枠

パソコンにはツイート用のボタンがあり、そこをクリックして個別のツイート投稿画面が表示されてツイートする場合、37文字が上限数です。

36文字とは若干ズレてしまったので、気をつけなければなりませんね。

スマートフォン ツイート投稿画面

こちらも前述の表の通り、スマートフォンで表示されるツイートの1行あたりの文字数は、16文字と18文字です。

しかし、スマートフォンはツイート用ボタンから表示される投稿画面でツイートしますが、その場合は13文字が上限数です。

 

なので、投稿する際のツイート投稿画面の1行あたりの文字数上限に合わせてしまうと、表示される時とは必ずズレてしまうのです。

これは必ず気をつけなければなりません。

 

改行の文字数の上限まで入力した際の表示の違い


今回は上記のツイートをそれぞれのメディアで表示の確認しました。

分かりやすく表示の違いをお伝えしようと思います。

 

スマートフォン(iPhone)の場合

個別表示の方が表示される文字数の幅が狭くなります。

タップしてもらってからの事も考えると、16文字以内で表示するのが好ましいと思えます。

ただ、個別表示される為には、18字であろうと興味を持ってもらわなければなりませんので、どちらを優先するかによっては、18文字でやってもいいと思います。

しかし、たった2文字なので、何とか16文字に収めた方がいいと思います。

 

パソコンの場合

繰り返しになりますが、個別表示の方が表示される文字数の幅が狭くなります。

パソコンの個別表示はスマホの表示に文字数が近いです。

パソコンのタイムラインでの表示は2倍近くの文字数になりますので、だいぶ文字を書き込めます。

ですが、Twitterをパソコンで見ている人ばかりではありません。

スマートフォンで見る人の方が多いと思いますから、それなら、スマートフォン向けの改行の方が好ましいのかもしれません。

 

Twitterで読まれ易くする為の書き方

 

文字数の縛りがある以上、長々と書くのは禁物と考えられます。

Twitterやネットの書き込みでは、勢いに任せて「、」「。」の句読点を抜かして書く方が多いです。

文字数の制限があるから仕方ないと思えますが、しっかりと伝えたいならば、句読点はしっかり書きましょう。

 

そこで提案したいのは、文が長くなったとしても、必ず16文字以内で「、」読点を使って区切りましょう。

なにも、書き始めから句点「。」まで1文を全て16文字にすべきだ、というわけではありません。

1文が長くなってしまってもいいのですが、16文字目までに「、」読点を打って改行しておきましょう。

その方が、スマホで見易くなります。

それと、タイムラインの18文字より個別表示の16文字を優先した理由は、パソコンのように差が激しくなく、たった2文字であれば、個別表示を中心に考えた方が良いと思ったからです。

クリックするパソコンと違い、スマホはタッチするだけで見れてしまいますし、そういった誤動作でたまたま見てくれた時の事も考えても良いのかなと思います。

こじ付けっぽくなっちゃいましたが、あとは、はっきり言えば、無難だからです。

大は小を兼ねません。文字数が多ければ改行されちゃうんですから。

なので、どうせなら16文字で無難に改行すべきだと思いました。

 

どうしてもパソコン中心に考えたい場合は、36文字にしましょう。

個別表示よりもタイムライン中心で考えた方が良いでしょう。

それか、スマートフォンの事を少し考えるのであれば、16文字の2倍の数の32文字で句読点を打って改行しましょう。

32文字なら、スマートフォンでも区切り良く見えると思いますので。

 

最後に

ツイートして情報を広く伝えたい場合、必ず改行になる1行あたりの文字数の上限に気をつけて、短文で書くようにしましょう。

または、伝達したい事が多ければ、短文で箇条書きにしても良いと思います。

メディア 文字数
スマートフォン(個別表示) 16文字
スマートフォン(タイムライン上) 18文字
パソコン(個別表示) 20文字
パソコン(タイムライン上) 36文字

この表を忘れずにご活用ください。

ツイート投稿画面の文字数と表示される文字数は違いますから、その事を念頭に置いてツイートしましょう。

より広く、より分かり易く、あなたのツイートが広がる事を願います(´∀`)

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon

 

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です