男女・親子の感覚の違いで母親に逆ギレした話

 

本記事にお越しいただけまして、誠にありがとうございます。

本日 母親とケンカした 白ねずみ(@whitemicemoon)です。

発狂

「母親がウザーーーーーい!」と思うことって誰でもありますよね。分かる分かる。

いや、普段は仲が良いんですよ。それでも口論にはなるんですよね。

 

改めまして、現在の自己紹介をすると、絶賛 実家暮らし無職の白ねずみ(♂)です。

アラサーなのに実家にいるって終わっていますよね。

実家にずっといると、ほぼ専業主婦の母親と四六時中一緒に家にいるんですよ。

母は実家にいても何も言わないんで一緒にいて楽なんですが、やっぱり時折 腹が立つんですよね。

 

今回のケンカの発端

 

さて、冒頭で母とケンカしたと書いていたのですが、

今回の話は、私の妹の為によけておいたお土産を私が食べちゃった、と言うしょうもない話が発端。

よけてある、って言っても、我が家は母親の物が溢れかえっていて、「よけてある」と言う認識が私には全くありませんでした。

お菓子ゾーンに大量のお菓子があって、どこぞから貰ったお土産があって、どう分けているのかなんて、到底私には分からないんですよ。

と こ ろ が ど っ こ い !

「分けて置いてあったんだから、言わなくても分かるでしょ」って言われたんですよ。

知 る か ボ ケ ー ! カ ッ チ ー ン !

と思って、ついつい私も

「エスパーじゃないんだから、言われなきゃ分からない」って言い返しました。

互いにいい大人ですから、表面では穏やかに澄まし、冷戦って感じで、遺恨がうっすら残っています。

 

「言わなくても分かるでしょ」

 

しかしまあ、私はこう言う母親の「言わなくても分かるでしょ」って言うところを普段よく見ていて、かなりイラっとしています。

特に、私に言ってくるんじゃなくて、父親の行動で何かしら気に食わない事があると、父親がいなくなったところでボヤくんですよ。

ちなみに、我が家は親夫婦の仲が悪いんですけどね。

 

例えば、洗い物の食器の配置。

子どもは結構把握しているものなので、間違えはあまりないんですが、父親が普段とは違う食器の配置をすると母親がキレるんですよ。

父親なんて、家にいる時間が少ないし、料理もしないんだから、仕方ないだろうって思うんです。

もしくは、食器の配置ってそもそも互いに共有し合っているのかって前提から疑いたくなるんですよね。

 

母親としては、普段から並べてあるように戻せばいい、って考えているんですよ。

確かに、元に戻すだけなら簡単ですからね、それくらいは、と言う風に考えられなくもないですよ。

ですけど、配置場所が明確に決められているなんて、父親からすれば思いも寄らないかもしれないんですよ。

もし決められているなら、それ伝えたことありますか?情報の共有ってしてますか?

主婦として家を見ている、守っている。それは有り難い事ですよ。

そこの中で、妻として主婦として母親として、家の中の生活の中に規則性が生まれていくのも確かですよ。

自分がやりやすいようにする、それは会社であれ、どんな環境でも当然ありますよ。

それがルールであり、マニュアルであり、規則なのですから。

ですけど、見えないものは見えないんです。

言われないものは分からないんです。

言われなきゃ分からないの?って禁句ですよ。地雷ですよ。

あなたは、エスパーですか?人の心や行動が読めるんですか?

だったら聞きますが、それを言われた私の心は勿論 読めるんですよね?

ちょっと怒りをぶつけ過ぎましたが、でも、そう言う事なんですよ。

正直、言われなきゃ分からないんですよ。

 

男女で感覚は違う

 

ただし、男女差はあるでしょう。

女性同士だと「言わなくても分かる」と言う共感する能力がありますよね。

相手の言わんとしている事が分かる、女性特有の感覚。

だから、女性同士なら、その感覚でやっていけるとは思うんですが、男は違います。

 

女性からすれば、愚鈍なんでしょうね。

男性というのは「言われなきゃ分からない」裏を返せば「言えば分かる」生き物です。

男性同士のケンカの仕方って、拳と拳だったり、面と向かった言い争いだったりします。

女性同士って、そういう言い争いにならないように事前に悟り合いますよね。

ところが、男性は「言わなきゃ分からない」から言うしかないんですよ。

男性同士のケンカって、ケンカした後に仲が良くなったりする場合がありますが、そこが違うんですよ。

「言ったから分かり合えた」という感じになるからなんですよ。

 

ということはですよ。

女性と男性の組み合わせって、どうすべきか分かりますよね。

1. 男性が女性並みの「言わなくても分かる」という能力を身につける

2. 女性が男性並みに「言って分からせる」ように心がける

どちらが簡単ですかね。

1番ってかなりハードル高くないですか?

それに、言わなくても分かるようにする、ってかなり求めているレベルが高いですよね。

観察力・洞察力・読心術とか、そういうものですよね。

会社でも「気が利かない」とか「分かってない」とか誰しも言われるような事がありますが、それと同じことですよね。

「或る環境における習慣、又 その所属する人間の性格・人間性、及び生活の規則性の全てを察する」

みたいなものですよね。いや、誰でも出来るわけないですよ。

じゃなきゃ、自己PRで「社会性がある」とか「相手の求めているものが分かる」とかって事が評価されるわけないじゃないですか。

出来ない人なって山ほどいるから、そう言った文系的(失礼、偏見ですね)な能力が評価されるんですよ。

ってことは、1番の能力を求めるのは、難しいんですよ。

そもそも、女性にだって、そういうのが苦手な人だっているじゃないですか。

と言うことで、1番の能力は男性には厳しいです。女性であっても、誰もが有する能力じゃないんです。

 

ただ、これだと女性を責める論調なので、しっかりと男性の悪い点も言います。

男性はプライドが高いので、何かと言わない事があります。

「言わなきゃ分からない」ってスタンスなのに、「自分から正直に言わない」って言うのは、さすがの女性でも察する事が出来ませんので、そう言うところは男性の悪いところですよね。

あ、これ、私なんですけどね。

 

話が大きく膨らんで逸(そ)れてしまいました。

と言う事で、女性と男性は違うので、そう言った点は考慮しなければ必ず上手くいきません。

 

共通認識だと思い込むこと

 

男女で能力差があると言う点を、言うまでもない話ではありましたが、説明したところで話を戻します。

家の中のルールは、一緒に生活しているからこそ、「共通の認識」だと思い込んでしまいがちです。

しかし、明言されてなければ分からない事だってあるのです。

そして、明言されていたとしても、必ず覚えていると言うことでもないのです。

誰だって忘れてしまうんですから。時々忘れていたら赦してあげてください。完璧な人間はいませんから。そういうあなたは完璧な人間ですか?

名言・説明をすることから始めましょう。

共通認識だと思い込むと、「言われなきゃ分からない」と相手は腹を立てます。これ、私です。

 

そして、母親として、妻として、家を守ってくれている、ずっと1人でやってくれているからこそ、悲しくも出来上がってしまう慢心なのです。

慢心が過ぎると、反感しか生まれません。

家は、家族は、1人で出来ているわけではありません。

なので、自分がルールだと自負し過ぎて、慢心が過ぎると、反感を抱かれますので、お気をつけください。

 

子どもは親の分身ではない

 

それともう1つ。

子どもは親の分身ではありません。

「私の子どもなんだから、私の気持ちが分かって当然」という慢心が子どもにとって1番怖いです。

父と母、2人の遺伝子から生まれたんだから、分身じゃありませんよね。

両親とは100%と違う環境で育つんですから、同じように育ちませんよね。

母親としていくら子どもに躾(しつ)けて、子どもの時から一緒に家で生活しているからと言って、母親と同じ感覚を必ず持つわけがないんです。

クローンじゃないんです。分身じゃないんです。

「自分と同じように育ってくれ」なんて無理なんです。

それを求められたら、子どもとしては最低 最悪 最凶の恐怖でしかありません。

なので、家のルールにしろ、同じですから、お気をつけください。

 

最後に

 

本記事で書いた内容は、個人的な経験からの意見ですから、賛否両論だと思います。

もし共感していただける方がいらっしゃいましたら嬉しいです。

ただ、本記事はあくまで私の一意見ですので、唯一の正解ではありませんので、その点はお見知りおきください。

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon

 

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です