【化物語】終物語「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」の謎のセリフ「This is a pen (ディスイズアペン)」と「デペイズマン」とは何なのか

 

本記事にお越しいただけまして、誠にありがとうございます。

白ねずみ(@whitemicemoon)です。

 

2017年8月12日〜13日の2夜連続の2時間スペシャルで、終物語の「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」全7話が放送されました。

今から数ヶ月前になるのですが、ご覧になりましたでしょうか。

そして、「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」の各タイトルのBlu-ray&DVDが10月25日、11月29日、12月27日に発売されます。

購買欲が高まりますね。詳しくは【TVアニメ「終物語」公式サイト】をご覧ください。

 

そんな終物語ですが、「This is a pen」というセリフが謎めいていて話題となりました。

それは、終物語「ひたぎランデブー」での、戦場ヶ原 ひたぎ(せんじょうがはら ひたぎ)と阿良々木 暦(あららぎ こよみ)の2人の遣り取りの中のセリフ。

戦場ヶ原が羽川 翼(はねかわ つばさ)から阿良々木への伝言を伝えている時、「This is a pen」という意味深長なフレーズを羽川から戦場ヶ原が聞いた、と阿良々木に伝えます。

私を含む全読者・全視聴者が疑問に思ったでしょう。

何の脈絡もない「This is a pen」というセリフが指し示す意味とは何だったのかと。

本記事では、その謎について詳しく解説します。

さて、お立ち会い。謎解きと勉強を始めましょう。

本記事はこのような方々にオススメ
  • 「This is a pen (ディスイズアペン) 」の謎が知りたい方
  • 化物語・終物語が好きな方
  • 最後の展開に感動してホッとした方
  • ネタバレ・謎解きが大丈夫な方

 

本記事の目次

 

・終物語「ひたぎランデブー」の戦場ヶ原と阿良々木のセリフ

・終物語「おうぎダーク」の阿良々木・忍野 扇・忍野 メメ・羽川 翼のセリフ

・「デペイズマン (depaysement)」とは何なのでしょうか

・では、セリフにおける「デペイズマン」の指し示す意味とは

・最後に

 

終物語「ひたぎランデブー」の戦場ヶ原と阿良々木のセリフ

まずは、終物語「ひたぎランデブー」での戦場ヶ原と阿良々木の話のやりとりを確認しましょう。

車に乗ってプラネタリウムに向かっている車内で2人が話していて、戦場ヶ原が羽川 翼(はねかわ つばさ)から連絡が来た時に預かった阿良々木への伝言についての話題になったシーンのセリフ。

戦場ヶ原「ああ、そうそう。羽川さんからの伝言を承っていたのだったわ」

阿良々木「承って?」

戦場ヶ原「忍野さん、見つかったんだって」

阿良々木「ふ~ん………はああ!?マジで!?」

戦場ヶ原「マジよ。まぁ正確に言うと、忍野さんが潜伏している場所がわかったという話だったかしら。よく覚えていないけれど」

阿良々木「頼むから思い出してくれ。全力を尽くしてくれ」

戦場ヶ原「ただ、推理を重ねてみると、もう忍野さんの居場所は2箇所に絞られると言っていたわ」

阿良々木「2箇所?」

戦場ヶ原「ええ。興味がなかったから詳しくは聞かなかったのだけれど、確かそう言っていたわ。何だったかしらね。逆だったって言っていたわ。」

阿良々木「逆?」

戦場ヶ原「ええ。アプローチが逆だった」

阿良々木「逆…どういう意味だろ…」

戦場ヶ原「『This is a pen』とか何とか仰ってらしたけど」

阿良々木「仰ってらしたけど、って。『This is a pen』?」

 

終物語「おうぎダーク」の阿良々木・忍野 扇・忍野 メメ・羽川 翼のセリフ

次に、終物語「おうぎダーク」の終盤を確認しましょう。

阿良々木 暦・忍野 扇(おしの おうぎ)が、「くらやみ」が忍野 扇を飲み込もう近づいていて、その中で2人が話しているところ、忍野 メメ・羽川 翼(つばさ)がその場に駆けつけたシーンのセリフ

忍野 扇「やれやれ。自殺のつもりが、心中になってしまいましたね、阿良々木先輩。

言っておきますけど、私は幼女じゃないですよ?」

阿良々木「構わない。それでも、生後半年の、生まれたての赤子、みたいなものだろ。

これまで僕がしてきた事が間違いじゃなかったと言うのなら、今こうしている事もきっと、間違いじゃないはずだ。

僕は間違えてない。そう、君が間違えていないように。」

忍野 扇「全く、愚かですねえ…」

忍野 メメ「そうでもないさ」

阿良々木「…はっ!」

忍野 メメ「馬鹿に出来ない。やっと、自分の為に戦ったんだね。僕は君を尊敬するよ、阿良々木君。

羽川 翼「私の…勝ち…」

忍野 扇「嘘みたい。羽川先輩。本当に連れて来たんだ。南極大陸から。頭おかしいよ、この人」

台詞画面<ひたぎ、だとしたらそれは『ディスイズアペン』ではなく、『デペイズマン』-だ。

 

という事で、「This is a pen (ディスイズアペン)」は間違えで、「デペイズマン」が正しかったという事です。

謎が全て解けた!一件落着!…とはなりません。

「デペイズマン」の意味、そして、文脈でどのような意味で使われていたのか、その謎解きもしましょう。

 

「デペイズマン (depaysement)」とは何なのでしょうか

デペイズマン手法を使用する代表の1人:ルネ・マグリット「ゴルコンダ」 写真:MUSEY「《ゴルコンダ》ルネ・マグリット」

さて、「デペイズマン」というキーワードが分かったので、Google先生とWikipedia先生に助けてもらいました。

デペイズマン (dépaysement) とは、シュルレアリスムの手法の1つ。

この言葉は、もともとは「異郷の地に送ること(dé「分離」+pays「国、故郷」+ment(名詞の語尾))」というような意味であるが、意外な組み合わせをおこなうことによって、受け手を驚かせ、途方にくれさせる(dépayser)というものである。文学や絵画で用いられる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/デペイズマン

更に、デペイズマンは下記の通り、5つのデペイズマンに分類する事が出来ます。

  • 場所のデペイズマン本来の語源的意味。物をそれが本来あるはずがない場所に置くこと。
  • 大きさのデペイズマン – 対象を実際よりもはるかに大きく、あるいは小さく描くこと。
  • 時間のデペイズマン – 絵の一部が夜なのに、他の一部が昼であったりする。
  • 材質のデペイズマン – 物の形はそのままで素材がまったく異質なものに置きかえられている。
  • 人体のデペイズマン – 上半身が魚なのに下半身が人間であったり、上半身が石膏像なのに下半身が人間であったりする。あるいは、体の一部に木目が入っている、石膏像が血を流している、靴の先が足になっているなど。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/デペイズマン(一部省略)

  • 「意外な組み合わせを行うこと」
  • 「異郷の地に送ること」→「物をそれが本来あるはずがない場所に置くこと」

この3点が要点で、「場所のデペイズマン」が本来の語源的意味という事なので、例を挙げてイメージしましょう。

「秘密の遊技者」(ルネ・マグリット) – 野球をする人たちの上に黒いオサガメが浮かんでいる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/デペイズマン 写真:MUSEY「《秘密の遊戯者》ルネ・マグリット」

オサガメは亀の一種だとして、亀であれば当然海にいるべき生物なのに、陸でしかも野球をしている人達の上に浮いている、という事が「場所のデペイズマン」という意味になります。

デペイズマンの意味が徐々に何となくわかり始めたでしょうか?

 

では、セリフにおける「デペイズマン」の指し示す意味とは

さて、既に上記していたセリフから、関係がある部分だけ抜粋して考えてみましょう。

戦場ヶ原「ただ、推理を重ねてみると、もう忍野さんの居場所は2箇所に絞られると言っていたわ」

戦場ヶ原「ええ。アプローチが逆だった」

戦場ヶ原「『This is a pen』とか何とか仰ってらしたけど」

忍野 扇「嘘みたい。羽川先輩。本当に連れて来たんだ。南極大陸から。頭おかしいよ、この人」

この4つのセリフがキーワードで、更に「アプローチが逆」「南極大陸」というセリフが答えだと思います。

つまり、

羽川は、忍野メメが当然いるであろう、いるはずの、いるべきの場所を探していた。

しかし、そのアプローチでは見つからなかった。

逆のアプローチである、デペイズマン的思考で、忍野メメが、本来 当然 いるはずがない場所を探してみた。

という意味だと推測しました。

あと個人的に思ったのが、忍野メメは普段アロハシャツを着ていて極寒の地にいるはずがないと思っていたのかもしれません。

もしくは、人が住めるはずがない土地である北極・南極に忍野メメがいるはずがないと思っていたんだと思いました。

という事で、羽川は伝言の中でデペイズマンというセリフを言っていたのだと思いました。

 

最後に

化物語は至る所に知的好奇心くすぐる要素が散りばめられていて、調べようと思ったらいくらでも調べられて、非常に「勉強」になります。

私の指す「勉強」とは羽川翼のしている「勉強」です。

学校の勉強ではない、知的好奇心に突き動かされながら、知りたい事を探求する「勉強」です。

今後も化物語から「勉強」していこうと思います(´∀`)

 

本記事以外にも下記の記事でも化物語で知的好奇心くすぐられて執筆した「勉強」の記事がありますので、もし宜しければ読んでみてください。

【化物語】花物語5話に出てくる謎の文字列「SCHADENFREUDE」の意味とは

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon

 

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です