【三重県鳥羽市】「浜辺の温泉宿 かめや」温泉に入りに行ってみた!【感想・レビュー】

 

本記事にお越しいただけまして、誠にありがとうございます。

白ねずみ(@whitemicemoon)です。

 

ママチャリ旅 21日目、ゲストハウスのオーナーに三重県鳥羽市の安楽島(あらしま)にある「浜辺の温泉宿 かめや」に連れて行っていただきました。

今回はその「浜辺の温泉宿 かめや」についてまとめたいと思います。

下記の記事にも記載したのですが、より詳細にお伝えしたいと思い、別の記事として白浜遺跡についてまとめようと思いました。

関連記事:『ママチャリ旅 21日目 <鳥羽市 ヘルパー滞在 編>【三重県】

場所・施設・内装・アメニティ・感想 等についてまとめましたので、ご覧ください。

 

「浜辺の温泉宿 かめや」:基本情報

画像:FACEBOOKページより

 

「浜辺の温泉宿 かめや」:行き方・道順

ホームページの「アクセス」にも記載がありますが、私からも簡単に説明します。

「かめや」は三重県鳥羽市の安楽島(あらしま)にあります。

伊射波(いさわ)神社へ行く途中に「市営安楽島海水浴場」という砂浜の海岸があり、その海岸への入口の手前に「かめや」はあります。

ちなみに「かめや旧館」という建物も真横にあり、そちらは古くて今は駐車場として使われているだけの様なところがあります。

そちらではなく、新しく綺麗な建物の方に入ってください。

風呂は4階で、私たちが今回入ったのは嘉隆(よしたか)乃湯だと思います。

「水軍」や「嘉隆」という名称は、鳥羽で有名な、九鬼水軍を率いた水軍武将の九鬼嘉隆(くきよしたか)が由来だと思います。

 

脱衣所と浴室と露天風呂の内装・設備が素晴らしい!

改装したのか新築なのか分からないのですが、とにかくどこを見ても綺麗で清潔で素晴らしい!

脱衣所も浴室も綺麗で使い易かったです。

 

露天風呂もあって素敵!広々としたお風呂!

お風呂が広々としていて、清潔感もあって素晴らしいです。

これまた畳が良い具合に風情を醸し出し、旅館の温泉らしさを感じさせられました。

温かくて最高でした。

露天風呂もあるだなんて素晴らしい!

しかも、露天風呂まであるんです!

天気が良ければ星空が見えると思います。

ゲストハウスのオーナー曰く、夕方に行くのも良いと仰っていました。

夕焼けを見ながらの温泉って…至福のひと時に違いない!

目の前が海だから、波の音を聞きながら風呂に入れるなんて、最高過ぎて体も心も癒される…!

 

ちなみに温泉成分はこの様になっているそうです。

運び湯だそうで、源泉所在地は三重県津市白山町の様です。ふむふむ。

 

室内浴室・脱衣所が畳張り!極東産機(株)の畳が凄い!

室内浴室にまさかの畳!

一番驚いたのは、脱衣所も室内浴室も畳が敷かれていたことです!

水で濡れてしまう様な場所に畳なんて敷いても良いのかと驚きました!

室内浴室:水で濡れても大丈夫!

この畳について、後日 宿の方に問い合わせをしたところ、メーカーを教えてくださりました。

極東産機株式会社(KYOKUTO)の製品だそうです。

画像:極東産機(株)のホームページより

業務用畳商品」という自社ページと、「一般消費者様向け畳商品」という楽天ページがHP内にありました。

上記のリンクから極東産機の畳商品を見ることが出来ますので、是非ご覧になってみてください。

ホテル・旅館・民宿・ゲストハウス等の宿泊施設で使える様な業務用の畳が多く生産・紹介されています。

それぞれ異なる場面を想定した特性を備え持っている製品で、

  • 耐久性があるもの
  • 耐水性・防水性があるもの
  • 弾力性・クッション性があるもの
  • 断熱性があるもの
  • 防炎性があるもの
  • 高い加工性があるもの
  • 汚れを水で洗えるもの
  • リバーシブルで両面使えるもの
  • 風合いが楽しめるもの
  • デザイン性があるもの

等々 多様多彩な特性があるので、希望・ニーズに合わせて選びますので、是非オススメです!

極東産機の畳を選んだ かめやさんも素晴らしいです!さすがです!

 

風呂桶と風呂椅子も素晴らしい!

実はこれ、木製じゃないんです!

背面に素材やメーカーの記載があれこれ書いてあったんですが、失念してしまいました…

問い合わせして教えてもらった株式会社JTB商事のホームページにある「プロスペ|宿泊施設業務用品の通販」から探したのですが、同じものが見つからなくて、悔しい思いをしているところです…

今後も調査を続けますので、分かり次第、加筆・修正を致します。

畳に合わせて木目調のものを選び、敢えて木製にせずに合理的にこの様な素材を選ぶところが私としては素晴らしいと思いました。

 

アメニティ・備品


男性の脱衣所と浴室にあったアメニティは下記の通りの揃えようでした。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ

彩りが綺麗。ただ、シャンプーは洗い上がりがキシキシした…。

  • 化粧水2種類
  • 髭剃り
  • ヘアブラシ
  • 綿棒
  • ティッシュ
  • 扇風機
  • ドライヤー
  • 体重計

ちなみに、バスタオルはなかったと思いますが、身体を洗うのに使う様なタオルは受付で貰うことが出来ますので、欲しい場合は是非聞いてみてください。

 

最後に

 

たった600円で温泉に入れるなんて、超お得です!

車で旅行している人は夜に行っても良いと思います。

安楽島(あらしま)へ行って、伊射波(いさわ)神社などを観光する人も、途中にここに寄って温泉だけ入って休憩するのも良いと思います。

安くて混雑していなくて穴場だと思いますので、是非行ってみてください!

 

 

最後までご覧くださりまして、誠にありがとうございました。

白ねずみ(@whitemicemoon

 

Follow me!

シェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です